2018年6月19日火曜日

小さな村の小さな水場

山の上に寄り添うように集まっている民家十数件がありました。他の村とは隔絶されたような感覚を持つ村でした。

そこに水場ができました。

村の人達がバジさんに水場を作ってくれと言い出せなくて、取り残されたようになっていたようです。

郡長さんが、あまりにかわいそうだからと、バジさんに頼んでくれたのだそうです。

困っていても言い出せない人達。
地位もお金もなく、教育を受けられなかった人達が黙って耐えていることがこの国ではよくあるのです。


遠い水場に毎日水汲みに行っていたようです。

右上の写真の細い黒い塩ビ管でその遠くの水場から村の中へ水を引っ張ってきました。

この塩ビ管で引っ張ってこれるほど、少量の水なのです。でも、少量の水を汲みに行くのと、ここに溜めた水を汲むのでは、全く違います。現地まで汲みに行っても細々と流れる水を20㍑の水瓶に入れるには、随分の時間が掛かります。それを、この村の人達は我慢して順番に並んで水を汲んでいたのです。

でも、もうそんなに長い時間待たなくてもよくなりました。ちょろちょろとした水でも昼夜を問わずこのタンクに貯めることで、水は蛇口をひねればジャーっと出るようになりました。

村人達が使う蛇口は村の中に作られており、高い位置に貯めた水は落差の力で勢いよく蛇口から流れ出るのです。


Aさん、ありがとうございました。喉から手が出るほど欲しかったのに欲しいと言えなかった人達の所へ届きました。


テープカットをして、タンクの鍵をバジさんに開けてもらって村人達は村の広場に戻りました。
蛇口から水が出るのを見てくれと言われて蛇口をひねってみました。
日本の水道のように勢いよくは出ないのですが、村人達にとってはこの水の流れる光景がこの上ない喜びとして目に映るようです。


この写真の彼が、この村で一番教育を受けている人らしく、セレモニーの進行役を務めます。とても若いのですが村の人々にとっては彼が頼りなのです。

会計報告がなされ、村人にもバジさんにもお金の流れがここで報告されました。

そして、そのあと彼は申し訳なさそうにバジさんと私に話してくれと言いました。村には、お礼のスピーチができるような人がいないというのです。




バジさんのトークが弾けます。村人大喜び。
この村の人達は私達にTシャツを作ってくれました。背中に書いてあるのは「愛の証」という意味のネパール語だそうです。

最後は頂いたネパール帽(パルパの名産品の織物で作った帽子)、カタ(感謝や尊敬を表現するための布)、Tシャツ、感謝状を持って記念撮影です。

バジさんが緊張していた村人達の気持ちをほぐしてくれたので途中からリラックスした良いセレモニーになりました。










先生のお給料基金 2018

前回の山の上にコンピューター教室を作った学校のお給料基金の先生
今までの先生のお給料基金でお仕事をして下さっている先生方に水場の引き渡し式に向かう途中でお会いしました。

報告写真が随分遅れるのですが、今まで250校以上の学校を建てられてきたバジさんは、お給料基金を渡した学校で実際に働くことになられた先生方にお会いする機会が滅多にないからです。

お給料基金のシステムはこうなっています。
お給料基金として届いたお金は、バジさんから村々の学校の運営委員長さんを通して村の長老会、婦人会、青年会に渡されます。
そして、そのお金は小口貸し付けの資金として、利子を生む村のお金として運営されます。村人の中で基金のお金を借りた人から1ヶ月分の利子が届いたときから先生のお給料が初めて発生するわけです。


先生のお給料基金が届いたら、まず村でお金を誰に貸し出すかを決めます。
町の高利貸しは、その人に返済能力、あるいは返済する気があるかどうかが判断できません。村の人々には担保になるようなものがあるわけでもなく、返済されるかどうかギャンブルのような状況で貸し出すとしたら、かなりの利率をつけておかないと商売になりません。ですから、村人には簡単に借金ができないような高利率になっています。


しかし、村のお給料基金はそれより随分低金利です。ただ、返せるかどうか不安な家庭には村の人は貸し出しません。あの家に貸し出したら、そのお金でご主人が酒を飲んでしまって返せなくなるなどという可能性のある家には絶対に貸し出しません。村内ですからお互いのことがよく分かっているので、貸し出すか貸し出さないかは高利貸しよりもよほど厳しいのです。貸したお金が返ってこなくて利子が入らなくなったら先生のお給料がへってしまい、先生が来てくれなくなるのが分かっていますから。



私達と同じで最初の資金があればできることも、それがなければ始めることができません。
子ヤギを買うお金があれば、大事に育ててミルクを売ったり、子供をたくさん育てて売ったり、肉として売ったりすることができても、その子ヤギを買う1万円がないのです。
ところが、その1万円が先生のお給料基金から借りられるとなれば、それを借りない手はありません。高利貸しに比べれば格安で、しかもお金を返しに町まで出かけなくとも良いとなれば、こんな便利なことはないのです。



今までホームページで先生のお給料基金を募ってきましたが、なかなか現地に送れるまとまった金額にならず、何年も送金できないでいました。

このお二人は今回の支援でお給料を出している先生方ではありませんが、今までの送金で実際にお仕事をして下さっている先生方のご報告がまだでしたので、バジさんのお願いしてお二人の先生方にお会いしてきました。

今回の送金分はバジさんから領収書を頂きました。ご報告が思うようになりませんが、ご理解いただければ幸いです。



2018年6月16日土曜日

山の上の幼児教室引き渡し式 2018

今年は、山の上に小さな幼児教室ができあがりました。
色々な方からのご寄附で色々なものができあがってきますが、この幼児教室は今までの中で一番山の中かもしれません。

地理的になのかあるいは経済、文化的になのかはわかりませんが、ここの子ども達の純朴さは顔に表れている気がします。
外国人の私がちょっと怖いのかなと思えるような様子でした。


村人総出で出迎えてくれたようで、皆さん思い思いの場所に座ってセレモニーに参加しています。








今回は私が序幕もテープカットもさせて頂きました。バジさんが写真を撮って下さいました。ネパールの方にお願いすると、ぶれぶれになってしまうことが多いので助かります。

子ども達の顔を見ても分かるように、本当に嬉しそうです。

これで遠い学校まで歩いて通えない小さな子達が、この学校で勉強することができるようになりました。



細かなところを見ても、きちんとしていて、塗料が飛び散っていたり、木材が半端になっていたりするところがありません。

この村の人達は、とても多くの労働奉仕をしてくれていましたし、本当に大事に大切に作ってくれたのが分かる建物でした。


少ない人数ですが、セレモニーもしっかりやってくれました。
一番涼しい日陰にバジさんと私を座らせてくれました。ありがたい心遣いです。



小さな水差しを頂きました。
この水差しはパルパの名産品です。地元の人がこれを使っているのは見たことがありませんが、水差しの水は注ぎ口に口を付けずに直接口に水を入れる形で飲むものです。

感染症での死亡が死因の第一位をしめるネパールでは、決して人の飲んだものを飲むことはしませんし、食べ物も人の食べかけは食べません。

村の代表の方に、小切手を渡しているところです。
D.ZEN JAPANからバジさんに送金した寄付がバジさんの口座から小切手として地元の方に届く瞬間です。



バジさんが本の紹介をされています。
この本は、桜井ひろ子さんがお作りなった『バジラーハ(バジが来た)』という日本語とネパール語(ひょっとしたらマガール語かもしれませんが...)で書かれたものです。

OKバジこと垣見一雅さんがネパールに住んでからの20年をまとめたもので、桜井さんにしか書けないバジさんの宝石のような言葉が大切に書かれています。
Aさん、ありがとうございました。素敵な学校ができあがりました。




2018年6月13日水曜日

タンセンへ そして東パルパ バジさんのお宅へ 2018


カトマンズに昼過ぎに着いたのは良かったのですが、バイラワへ向かう国内線がディレイで17:00くらいまで待たされてからの搭乗でした。

バイラワ空港を出たのが18:00頃でしたから、タクシーの運転手さんも待ち遠しかったことでしょう。運転手さんは少しでも早くタンセンに着きたいはずでしたが、どこかで夕食を食べていきたいと乗ってすぐに伝えておきました。

以前に19:30頃にタンセンのホテルに着いたらホテルのレストランが20:00で閉店だったの思い出したからです。


途中のブトワルという大きな町でとりあえずチャウミン(やきそば)を一緒に食べてタンセンに向かいました。

タンセンの町にあと30分くらいの場所で、バジさんからお電話を頂きました。バジさんはこちらの飛行機のディレイを知りませんでしたから、随分お待ちになったはずです。




ただ、バジさんのお電話は着信はしないように設定されているので、こちらからお電話で連絡することができないのです。着信を許すとネパールの方達からひっきりなしに電話が掛かってしまいます。

お電話を頂いたところでディレイの説明から到着時刻が21:30を越えることまでのお話をして、明朝6:00にホテルのロビーでお会いする約束をさせて頂きました。

その後、運転手さんの知り合いの食堂に行き、地元の酒ロキシーとつまみのジャガイモ料理と揚げ餃子のようなものを手に入れてホテルに向かいました。

ロキシーは1㍑のペットボトルに一杯詰めてくれて100ルピー(110円程度)と大安売り。つまみもいっぱいもらったのに全部で200ルピーとは正直者のお店です。それでも地元の人の1.5倍以上は払っていますが。σ(^_^;)





翌朝、ホテルのロビーでお会いしたときのバジさんです。いつもはホテルにお泊まりになっていますが、今回はニューエカタクラブの会長さんの家にお泊まりになったようでした。 


お元気そうで何よりでした。紅茶をごちそうしていただいたので、それを頂きながら皆さんからのご寄附の内訳の確認と領収書へのサインを頂きました。


頼んでおいたジープが来たところで出発です。
今回は10分遅れほどで到着してくれたので、なかなか優秀なドライバーさんです。






途中、バジさんのお宅へお邪魔しました。
月に2日か3日ほどしか家に泊まられないバジさんですが、いろいろな村へ届ける荷物は基本的にここに置かれるようで、荷物の出し入れはよくされるということでした。

バジさんに送ったお金がちゃんと使われているのかどうかと心配なさる方が時々おられるのですが、この住居を見る限りお金がネパールの人達に届いているとしか考えられません。下の大きな写真のバジさんがかがんでおられるところに丸まっているのはベッドの敷きござです。ご自分のベッドにマットすらないんですよね。

実は7,8年前、このベッドに3mmくらいまでぺちゃんこになったキャンプ用の青いウレタンマットがあったので、次の年に私が新しいマットを日本から持って行って差し上げたんです。が、次の年にはもうありませんでした。村人にあげてしまってんですね。


Tシャツを差し上げても同じ事が起きます。ボロボロだからと思って差し上げても「私はいらないんですよ。」と笑顔で返事が返ってきます。ほとんどの物質とは既に決別されているようです。






左下の写真に写っている袋の中に入っているのは、日本各地のボランティア団体の方たちが持ってきてくださった服です。わざわざ飛行機の手荷物で持ってきてくださったものなのですが、なかなか村人たちのところへ持っていける日が来ません。実は村人たちは、各家庭分とか全員分とかそろわないともらおうとしないからです。

そうして預かっている服がねずみなんかにかじられないように宙吊りにされたり段ボールやビニール袋に入れられているのです。
つまり私物はほとんどないということです。




最後はバジさんお宅の外観です。学校や水場を作ってくれるのに、自分はテントに住んでいたバジさんの様子を見かねて、村人たちが作ってくれたものです。月に2,3日しか帰ってこない6畳ほどの家でも、バジさんにとっては我が家です。


そしてこの日、校舎の引渡し式がある村へと向かいました。




途中の道がこれです。
今までネパールで経験したどの道よりもインパクトのある道でした。σ(^_^;)

泥で車輪を取られるような道ではないのですが、もしも崩れたり石が落ちてきたりしたら一巻の終わりですね。すれ違いだけは勘弁してほしいので車が来ないことを祈りました。





前や下を見るとスリル満点です。こんな所でバックは絶対したくないですよね。σ(^_^;)












2018年6月12日火曜日

カトマンズ 震災難民の住まい 2017


カトマンズの震災難民の住まいです。
カトマンズで家がなくなってしまった人達、ゴルカなどの被災地で家や畑を失い生活のしようがなくなってカトマンズに来た人達、いろいろな事情で集まった人達が暮らす、難民村です。

広大な土地にほとんど余裕もなくぎっしりと仮設のテントが並びます。




テントの隙間をぬって洗濯物が干されています。仮の住まいと思っていたのですが、ここから出て行く人はほとんどいないと聞いてびっくりしました。確かに新たな生活を始めるだけのお金がすぐに貯まるわけもなく、日々の生活に追われるだけで働いたお金が消えていくのかもしれません。

人をたくさん使える企業があるわけでもないですから、お金を貯めようと思ったら海外に働きに行くしかありません。渡航費用を何とか貯めて、尚かつ海外に働き口を見つけて男達が海外に働きに行けるようになるまで、この難民村は現状を維持し続けるのかもしれません。








写真にはありませんが、ペットボトルに入れた水で身体を拭いている人達も見かけました。




ほんのちょっとした空き地にネギが植えられていました。ネギは強いですし、精も付きますから重宝するのかもしれません。

少しでも食料になる物を植えようとするこの家族は、田舎から出てきた人達かもしれませんね。

カトマンズで仕事を探すのも大変なことだったのではないでしょうか。ひょっとしたら、まだ定職に就けてはいないのかもしれません。




  
テントももう2年目に入るとくたびれてくるようです。いろんな所から手に入れたもので補修をしている様子がよく分かるテントもありました。

水もテントの近くにないと不便ですね。

下の写真ではニワトリを飼っている様子です。

雨期で激しい雨が降るときに困らないよう、水の流れ道を作っています。震災直後の雨期には、随分水に困らされたようです。




働き口がないからでしょうか。昼間からキャンプにいる人達も結構見かけました。










2018年6月6日水曜日

ゴルカ 被災民家の現状 2017

BBの家の隣のお宅です。 二年待ったけれど政府は何もしてくれないと分かったので、自分たちで何とかしなければならないけれど、やれることが.....





少し離れたところの家は、石を積み始めていました。














ヒンズーのお寺の横に仮の住まいを作らせてもらって住んでいる家族もありました。

元の土地には仮の住まいも作れない状況だったようです。

私がネパールに支援を始めた頃には、パルパではトタンを買うお金がなかなか捻出できない学校が多かったのですが、ゴルカはパルパより裕福なこともあり、今では個人でもトタンを買うお金が捻出できるお宅が多いようです。








BBの従兄弟の家だそうです。
2階建ての立派な家だったのですが、2階がほとんど崩れてしまい、今では危険な廃墟でしかありません。

廃墟にも美しい花は何事もなかったかのように咲いていました。


彼らは別の場所にトタンで仮の住まいを作っていました。




こんなふうに木材をまとめてあるのは、木材が貴重なので、再利用しようとしているためです。
日干しレンガはまた買えますが、木材は買うには高すぎるようです。人口の増加で木は日々の煮炊きに使われてどんどん少なくなっているようです。






上の2枚はトタンの家で生活をしてる一家の写真です。

日干しレンガと違い、外の暑気や冷気はそのまま家の中に伝わってきますが、雨風は防げます。
ただ、老人や小さな子供達にとっては体力を消耗してしまう過酷な家となってしまいます。






右のおじいさんは、被災した家で暮らしています。
被災して家が崩れてしまいそうになったので、2階を壊して平屋にした家で暮らしているのです。

精神的にダメージを受けてしまったようで、うまく声が出せなくなってしまいました。地震で生活がメチャクチャになってしまったと私にしきりに訴えていました。

おじいさんの家族は「相手にしなくて良いよ。いつまでも地震のことから離れられなくてしょうがないんだよ。」と私に話しました。


考えてしまいました。


おじいさんは責められるべき人ではありません。本当にお気の毒です。
でも、おじいさんの家族のように、自分のその時の状況をスタート地点として受け入れて歩いて行こうとする人達もいるんですよね。

人の幸せとはいったい何なのでしょう。ネパールの人達にとっては究極の幸せとでも言える、豊かな物に囲まれた状況にいても幸せではない私達日本人。
本当に必要なのは何なのでしょう。

貧しさと極限の不便さを目の前にして、私は幸せについて考えざるを得ませんでした。

















一日も早い復興を願います.....